さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年08月19日

どのくらいやせればいい?~体脂肪率

体脂肪率とは、体重に占める体脂肪の重さの割合です。
体重100kgで体脂肪の重さが50kgなら、体脂肪率は50%になります。
一方、体重100kgで体脂肪の重さが5kgなら、体脂肪率は5%です。

肥満度を体重と身長から判定する方法(ブローカ指数やBMIなど)では
どちらの人も同じ評価になりますが、その中身は大きく違います。

メタボリックシンドロームという言葉が流行していますが
内臓脂肪が多いと、さまざまな合併症を引き起こす危険があると
報告されています。

また筋肉は脂肪に比べて重くて引き締まっているため
体脂肪率が50%と5%の体を比べると、体重が同じなら
5%の体の方が引き締まって見えます。

こうした事から肥満度の判定には
体重より体脂肪率を使う事も多くなっています。

一日、1クリック!


日本肥満学会による体脂肪率の基準は以下の通り。

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 21:09Comments(0)医学・医療

2007年08月17日

どのくらいやせればいい?~ブローカ指数とBMI

一昔前は身長と体重の割合から、標準体重を
算出する方法が主流だったように思います。

僕は小学生の頃「ブローカBroca指数」を計算した記憶があります。

ブローカBroca指数
標準体重(kg)=(身長(cm)-100)×0.9

当時は将来こんな職業につくとは思いもよりませんでした(笑)。
計算は簡単でわかりやすいのですが、
低身長者に厳しく、高身長者に甘いという欠点があり
男女共通というのも問題があると言われています。

こうした欠点を補うものとして、
最近では「ケトレーQuetelet指数」が使われています。

一日、1クリック!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 13:24Comments(0)医学・医療

2007年06月08日

服薬に関して

やせようとしている方で、薬の副作用で太っている方もいらっしゃると思います。

安定剤などの心をコントロールする薬には代謝が低くなる成分が入っている場合があります。
すると薬で代謝が下がっているわけですから、エネルギー消費はしにくくなるのです。
長く有酸素運動しても、代謝の高い人に比べると消費エネルギーは抑えられているのです。

するとなかなかやせません。

しかしここで「やせない」と考えるのは心にも体にも良くありません。
どのように考えればいいのでしょう?



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 21:28Comments(0)医学・医療