さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年09月08日

どのくらい続ければ腰痛を克服できますか?

腰痛の方の気になる事、、、
「一体この腰痛はいつなくなるんだ?」
「何回くれば治りますか?」
と、とてもよく聞かれます。

前回、
「筋力が強く」なれば腰痛を克服できるのではありません。
「かかる力に耐えられるほど、筋力が強く」なれば
腰痛を克服できるのです。
とお伝えしました。

歪みがある程度おさまればひどい痛みは消えますが、
歪まない筋力をつけなければ、
また痛くなるかもしれない、という恐怖は消えません。

体重の1/4以上の重さで10回3セットのバックキック、
これをクリアする事が、日常生活で痛みが出なくなる目安。
ダンスやテニス・ゴルフなど、
歪むスポーツを行っている場合はさらに筋力が必要です。

これは、それほど低いハードルではありません。
週2回、正しいフォームで、10回以上は無理です!
という位しっかりと強い負荷をかけ、
2ヶ月おきにメニューを変えて
筋肉に新鮮な刺激を与え続けなくてはいけません。
が、これをクリアすれば日常生活レベルでは
ほとんどの方が腰痛を感じなくなるようです。

スタート時の筋力レベル、
ズレるようにかかる力がどの位かかっているか、
どのくらいしっかりとトレーニングできているか、
などによって効果の出る速さは変わります。

すぐに効果が出るものではありませんので、
グループ体操の教室や
パーソナルトレーニングなどに参加し、
モチベーションを維持しながら
インストラクターのサポートを受けて
何とか継続してゆくのです。

荻窪スタジオでは9月より、
グループ体操のクラスが増設されています。
火曜日11時より
新しく花原先生のクラスが加わり、
水曜日10時からの小林先生のクラスも
隔週から毎週開催になりました。

皆様の体づくりを、心より応援しています!




  


2016年08月08日

オリンピック選手と腰痛

腰痛を完全に克服するには、筋力が重要
日頃からそのようにお伝えしています。

リオオリンピックが開幕しました。


選手の腰痛がまれに取りざたされます。
ウェイトリフティングの三宅宏美選手は
腰痛に耐え、188kgを持ち上げて銅メダル。
トランポリンの伊藤正樹選手は
直前に腰を痛め、出場も危ぶまれました。

羽生選手が金メダルを獲得した記憶に新しいソチオリンピックでは、
直前練習に参加していたプルシェンコ選手が
腰の痛みを訴え、棄権。

もちろんアスリートは、
僕らよりも数倍筋力が強いはずです。

正確に言うと、
「筋力が強く」なれば腰痛を克服できるのではありません。
「かかる力に耐えられるほど、筋力が強く」なれば
腰痛を克服できるのです。
我々は188kgの重りに耐えられるほど
4回転ジャンプの衝撃に耐えるほど
またそうした練習に耐えられるほどの筋力は必要ありません。
日常生活や週何回かのテニスやゴルフを楽しめる程度の
筋力があればいいのです。

腰痛には種類があります。
急性でも慢性でも、ヘルニアでも狭窄症でも、
骨折していなければ、筋肉・靭帯・神経の痛みのどれかです。
痛む場所や広さを見ると大体わかりますが
その大元になるのは、仙骨の歪みです。
ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因、と言われる場合も
普通に骨の歪みを直し、筋力が強くなれば
痛みは治まります。

前述のプルシェンコ選手
痛いと、手を添えていた場所はまさに仙骨。
仙腸関節の靭帯の痛みと見て間違いないでしょう。
あの時、背骨コンディショニングインストラクターが近くにいたら
仙骨枕が手元にあったなら、
結果はどのようになったでしょうか・・・。

しばらく寝られない夜が続きます。
「腰痛」と聞いたら、どこをどのように痛めているのか
ぜひ背骨コンディショニングの視点から
選手のコンディションをチェックしてみてください。
楽しみの幅が広がることでしょう。


  


2009年03月15日

肩がモリモリしてくる? ~綺麗なボディラインの秘密

「肩にお肉がモリモリついてくる気がする」

という女性がたまにいます。

確かに筋力トレーニングをすると筋肉が増えます。
しかし男性諸君はよくご存知でしょうが、
筋肉はそんなに簡単にモリモリ増えないのです。
(むしろ増やしたいのに増えない・・・と悩む方の多い事!)

しかしトレーニング始めて間もない女性で、
モリモリしたように見えてくる人がいるのも、また事実。

そんな時は簡単なチェックをしてみましょう。

それは・・・

続きの前に
1クリック!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 22:26Comments(0)筋力トレーニング

2008年10月31日

ヒップアップに効果的! ~レッグアブダクション

中殿筋をトレーニングするエクササイズです。
お尻の上部にある筋肉で、ここがヒップアップのポイントになります!
お尻を上に吊り上げるようなイメージですね。

今回は「セラバンド」というゴムのチューブを使用したやり方をご紹介します。

続きの前に
1クリック!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 17:16Comments(0)筋力トレーニング

2008年06月20日

二の腕・その2~プッシュアウェイ

二の腕を引き締めるトレーニングの第2弾です。
ターゲットは「フレンチ・プレス」同様、腕の後ろ側(上腕三頭筋)


まずダンベル水の入ったペットボトルなどを準備して、
写真のように体を水平に倒します。


続きの前に
1クリック!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 15:30Comments(0)筋力トレーニング

2008年06月05日

二の腕を引き締める~フレンチプレス


夏が近くなると、二の腕のお肉が気になる人も多いと思います。
二の腕(腕の後ろ側)にあるのは、前回ご紹介した「上腕三頭筋」。
今日はここを引き締めるトレーニングをご紹介します。

このトレーニングは肩を柔らかくして、姿勢を整える効果もあります。
ぜひ続きもご覧下さい。

続きの前に
1クリック!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 10:49Comments(0)筋力トレーニング

2008年05月15日

クランチでやせる ~その2

普段腰をどれくらい反っているか腰の反りを自分でコントロールできるか

というのは綺麗な立ち姿勢、歩き姿勢、プロポーションのみならず

腰痛や肩こりなどの症状にも関わりが出てきます。



腰の反りをコントロールする筋肉は

「下半身を綺麗に見せるストレッチ~腸腰筋」でご紹介した

腸腰筋と共に腹筋も重要。


腰が反りっぱなしの場合、腰がいつも緊張状態にある一方で

反対側にある腹筋がいつも伸びている、もしくはたるんでいるのかもしれません。

今日は腰の反りを改善し、コントロールするための腹筋運動をご紹介します。


めざせベスト50!
もう一息です!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 12:10Comments(0)筋力トレーニング

2008年04月13日

ランジ

この種目はやり方によって、
太ももの裏側(ハムストリングス/大殿筋など)と
太ももの前側(大腿四頭筋)の
どちらにも効かせる事ができます。

メルマガ「やせる秘密」のスキーつながりという事で
今日は裏側に効かせるやり方をご紹介します。

まずはコチラを
ご覧ください


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 14:23Comments(0)筋力トレーニング

2008年01月13日

ちょっとキツメの運動で得する事~速筋(FT)線維:part2

「脂肪を燃焼してくれるか? ~速筋(FT)線維:part1」では
遅筋/Ⅰ型線維は長い時間力を出し続けることができる筋線維で、
速筋/Ⅱ型線維はその欠点を補うように、速いスピードと強い力を
出すことができると説明しました。

実は筋線維にはもう1種類あります。

これは場合に応じて強く長く力を出すことができ、
糖質も脂質も使ってくれる、なんとも都合のいい筋肉なのです!

これを「Ⅱa型線維」と呼びます。

どのようにすればこのⅡa型が発達してくれるのでしょうか?

ランキング登録中
1票お願いします!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 13:22Comments(2)筋力トレーニング

2008年01月10日

脂肪を燃焼してくれるか? ~速筋(FT)線維:part1

私達が運動をする時には、速い動作や強い力が必要になります。
そんな時に登場するのが
「速筋(FT)線維」または「Ⅱ型線維」です。

こちらはⅠ型のように長く力を発揮し続けることはできませんが、
強い力速いスピードを発揮する事ができます。
陸上短距離や重量挙げのイメージで、
多くのスポーツで必要となります。

しかし女性も私に関係ないわ、と思ってはいけません。


続きの前に、コチラも
ぜひご覧下さい。


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 09:43Comments(0)筋力トレーニング

2008年01月03日

脂肪を燃焼してくれる筋肉 ~遅筋(ST)線維:part2

脂肪を燃焼してくれる筋肉 ~遅筋(ST)線維:part1

では「遅筋(ST)線維/Ⅰ型線維」 の特徴として

・脂肪を燃焼してくれる
・疲れにくい
・長い時間運動を続けられる


と長所を書きました。

しかし人間はこのⅠ型線維だけでは生きてゆけません。

2008年もクリック!
よろしくお願いします。



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:30Comments(0)筋力トレーニング

2007年12月30日

脂肪を燃焼してくれる筋肉 ~遅筋(ST)線維:part1

やせるために脂肪燃焼!という訳ですが、
脂肪は一体どこで使われているのか、ご存知でしょうか?

体脂肪は体を動かすエネルギー源となります。
「体を動かす」という事は、筋肉が動いていなくてはなりません。

そうです。脂肪は筋肉で使われるのです!

そして意外に知られていませんが、
体脂肪はこんな時に燃焼されているのです!

久々の更新お待たせしました。
クリックもお願いします。



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 12:41Comments(0)筋力トレーニング

2007年11月14日

毎日トレーニングした方がいいの?~超回復

「トレーングは毎日行った方がいいのですか?」

という質問をたまに受けます。

一般的にトレーニングの頻度は・・・


続きの前に
コチラをどうぞ!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 22:03Comments(0)筋力トレーニング

2007年05月23日

ワンハンドロウイングでやせる

ターゲット:背中(広背筋・大円筋・菱形筋など)、補助的に腕の前側(上腕二頭筋)

上半身の中で最も大きな広背筋を鍛える事ができる(基礎代謝が上がる)だけでなく
綺麗な姿勢を身につけるのにも有効なトレーニングです。

具体的なやり方を、写真を交えて以下に説明してゆきましょう。




  続きを読む


Posted by セボネブログ at 21:14Comments(3)筋力トレーニング

2007年05月07日

やせる筋力トレーニングの呼吸法

私がお勧めしている呼吸法の基本は2つあります。

1:力を入れる時に息を吐き、力を抜く時に息を吸う
2:胸を張る動きの時には、息を吸う


まず前者について
「力を入れる時」というのはターゲットとしている筋肉が縮む時に、という意味で
「力を抜く時」というのは筋肉が伸びてゆく時という意味です。

力を入れると、どうしても呼吸は止まりがちです。
そこで「力を入れる時に吐く」とインプットしてしまおうという訳なのです。

例えば  続きを読む


Posted by セボネブログ at 15:15Comments(2)筋力トレーニング