さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年02月15日

筋肉痛の秘密

ウィンターシーズン真っ盛り・・・と思っていたら、いきなり暑くなりましたね。
皆さんは今シーズン、スキーやスノーボードには行かれましたか?
常日頃から体を動かしていても、久しぶりにこうした運動をすると
思いがけない部分が筋肉痛なったりします。

「いつもトレーニングをしているのに、どういう事だ・・・」
とお思いになるかもしれません。

しかしこんなところに、
やせるためのカギが隠されているのです!


続きの前に
1クリック!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 17:28Comments(0)トレーニング理論

2009年02月01日

最大筋力を測ってみよう!

今日紹介するのは「最大筋力」という言葉。

例えばベンチプレスなら、
1回だけ持ち上げることのできる最大の重量が、
ベンチプレスで発揮できる最大筋力。

これをトレーニング用語では
1RM(アールエム)などと呼びます。
(Repetition Maximum の頭文字)

5RMなら、5回繰り返せる最大の重さという事。

一度にどれだけ重たいものを持ち上げるかって事と
シェイプアップのための筋トレと、何が関係あるのか?


重たいものを持ち上げられなくっても、
体が引き締まればそれでいいわ!


そうお思いになった女性も、いるかもしれません。
しかし続きを読めば、最大筋力を測定したくなりますよ!


続きの前に
1クリック!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 22:41Comments(0)トレーニング理論

2008年09月11日

やせやすい筋力トレーニングとは? ~多関節運動

どうすれば、最も効率よくやせられるのか?
に関して100くらいの記事を書き続けているわけですが
一つの答えとして、ブログの一番初めの記事があります。

「1: 使うエネルギー量 > 口に入れるエネルギー量」

これが、基本中の基本。

筋トレの種目で、より使うエネルギー量を増やそうと考えると
やせやすいのは「多関節運動の種目」という事になります。

「多関節運動」とは何ぞや?

と思った方は続きを見てください。  続きを読む


Posted by セボネブログ at 11:23Comments(0)トレーニング理論

2008年09月04日

筋肉を意識する方法 ~意識しやすい種目とは?

どうしても筋肉を意識できない場合、
意識しやすい種目を選ぶというのも
作戦の一つです。

おすすめは
単関節運動 の種目を選ぶこと。

なんじゃ、それは? とお思いの方、続きへどうぞ。

続きの前に
1クリック!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 10:55Comments(0)トレーニング理論

2008年08月07日

筋肉を意識する方法 ~スロトレ

「スロトレ」
なる言葉、聞いた事はありますか?

これは筋肉を意識するのに、
とてもお勧めのトレーニング方法です。


  


続きの前に
1クリック!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 08:37Comments(0)トレーニング理論

2008年07月22日

筋肉を意識する方法 「筋肉がない?!」

よく「筋肉がない」という言葉を聞きます。

おそらく 「筋力が弱い」 という意味で使っているとは
思うのですが、誤解が多いのも確かです。

アーノルドシュワちゃんも、専業主婦も、90歳のおばあちゃんも、
同じところに同じ筋肉があります。



続きの前に
1クリック!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 16:55Comments(0)トレーニング理論

2008年07月04日

「意識する」とは?

筋力トレーニングをしているとインストラクターがよく言う言葉に
「意識する」という言葉があります。

『大辞林』で調べると、

「[1] (ア) 物事に気づくこと。また、その心。感知。知覚。
    (イ) (混濁・無意識などに対して)はっきりした自律的な心の働きがあること。
        自覚。覚醒。見当識。
 [2] 状況・問題のありようなどを自らはっきり知っていること。」

とあります。

やせる時には、この「意識」
重要なポイントになります。


続きの前に
1クリック!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 11:00Comments(0)トレーニング理論

2008年02月28日

ブルブルマシーンでやせるか?~脂肪燃焼の仕組み

有酸素運動で太りやすい体質に?で書きましたが、
タンパク質は「糖新生」という働きによって、
糖質(グリコーゲン)に作り替えられ、エネルギー源となります。

こうした反応は、実は脂肪でも起こっています。

まずはコチラを
ご覧ください

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 14:01Comments(2)トレーニング理論

2008年01月24日

有酸素運動で太りやすい体質に?! ~糖新生という働き

これは長期間に渡って運動を続けているような、
立派な人によく当てはまる話です。


ジムに通ってエアロビクスなどの有酸素運動を始め、
最初の数ヶ月で、
体重がストンと落ちた。

しかしその後、体重の変化がなくなる。

エアロビクスに慣れてきて、徐々にハードなレッスンにも
ついてゆけるようになり、体力もアップしてきた実感がある。


しかし1年以上続いた時、体重が増え始める。

レッスンもハードになって、しっかり動いているから、
運動量はアップしているはず。


なのに・・・、なぜ?

まずはコチラを
ご覧ください



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 12:08Comments(3)トレーニング理論

2007年12月16日

体重が増えたのにやせた?! ~体脂肪率のカラクリ

最近は一般用の体脂肪計が普及したおかげで

「ただ体重を落とすだけではダメなんだ!」

と考える方が多くなったように思います。

不思議に感じるかもしれませんが、測定をしていると
体重が増えても体脂肪率が下がる場合もある事が分かります。


いつも応援のクリック
ありがとうございます!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 09:22Comments(0)トレーニング理論

2007年12月14日

脂肪の上に筋肉がつく?!

「脂肪を落とす前に筋トレをすると、

脂肪の上に筋肉がついて

やせにくくなるんですよね?」


とたまに聞かれます。
本当でしょうか?


クリックお願いします!
  続きを読む


Posted by セボネブログ at 10:18Comments(0)トレーニング理論

2007年12月07日

あなたの脂肪の重さは?

リバウンドせずに、ナイスバディを保つためには
「体脂肪」を減らし「除脂肪体重」を減らさない事です。
これは前回の配信「減らしたい体重と減らしたくない体重~除脂肪体重」で書きました。

除脂肪体重や脂肪の重さは誰でも簡単に計算できますので
以下の例をご自分に当てはめて計算してみましょう!


まずは1クリック
お願いします!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 21:21Comments(0)トレーニング理論

2007年11月26日

減らしたい体重と減らしたくない体重~除脂肪体重

体重が減るとイコール「体脂肪」が減ったような
気分になりますが、そうとは限りません。


体重の中でもボディラインを崩す原因となるのは
「体脂肪」で、やせる時にはこれを落としたいはずですよね?

一方体重の中には、
綺麗なボディラインを形作る元になる部分もあります。

まずはコチラへ!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 14:26Comments(0)トレーニング理論

2007年11月11日

隣の人が気になりませんか?~個別性の原則

ダイエットグッズは、食品やサプリメントから
運動器具、下着にいたるまでさまざまですね。
一時の流行で終わるものもあれば
そのまま市民権を得て定番アイテムに
なってゆくものもあります。

一体何が一番よいのか?

流行しているとついつい乗せられてしまうものですが
万人に共通の、万能プログラムはあるでしょうか?


続きの前に
コチラをどうぞ!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 10:51Comments(0)トレーニング理論

2007年11月06日

3日坊主でなぜ悪い?~反復性(継続性)の原則

「からだにトレーニング効果が現れるには、運動を繰り返し、
規則的に、しかも長期間行わなければならない。」


これは「反復性(継続性)の原則」と呼ばれるものです。

例えば有酸素運動は、やせるためには有効ですが、
一度に消費できるエネルギーはそんなに多くないため、
コツコツと積み重ねてゆかねばなりません。

筋力トレーニングは基礎代謝が上がってゆくといわれていますが、
刺激と休息を繰り返して少しずつ強くなってゆき、
明らかに効果を感じるまでには3ヶ月ほどかかると言われています。

運動は一度行うだけで変わる部分は意外に少なく
むしろ何度も反復を重ねる事でやっと反応する事が多いものです。


かのビリーズブートキャンプも・・・

今日もあたたかい
1クリックお願いします。



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:53Comments(0)トレーニング理論