さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年02月28日

ブルブルマシーンでやせるか?~脂肪燃焼の仕組み

有酸素運動で太りやすい体質に?で書きましたが、
タンパク質は「糖新生」という働きによって、
糖質(グリコーゲン)に作り替えられ、エネルギー源となります。

こうした反応は、実は脂肪でも起こっています。

まずはコチラを
ご覧ください

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 14:01Comments(2)トレーニング理論

2008年01月24日

有酸素運動で太りやすい体質に?! ~糖新生という働き

これは長期間に渡って運動を続けているような、
立派な人によく当てはまる話です。


ジムに通ってエアロビクスなどの有酸素運動を始め、
最初の数ヶ月で、
体重がストンと落ちた。

しかしその後、体重の変化がなくなる。

エアロビクスに慣れてきて、徐々にハードなレッスンにも
ついてゆけるようになり、体力もアップしてきた実感がある。


しかし1年以上続いた時、体重が増え始める。

レッスンもハードになって、しっかり動いているから、
運動量はアップしているはず。


なのに・・・、なぜ?

まずはコチラを
ご覧ください



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 12:08Comments(3)トレーニング理論

2007年12月16日

体重が増えたのにやせた?! ~体脂肪率のカラクリ

最近は一般用の体脂肪計が普及したおかげで

「ただ体重を落とすだけではダメなんだ!」

と考える方が多くなったように思います。

不思議に感じるかもしれませんが、測定をしていると
体重が増えても体脂肪率が下がる場合もある事が分かります。


いつも応援のクリック
ありがとうございます!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 09:22Comments(0)トレーニング理論

2007年12月14日

脂肪の上に筋肉がつく?!

「脂肪を落とす前に筋トレをすると、

脂肪の上に筋肉がついて

やせにくくなるんですよね?」


とたまに聞かれます。
本当でしょうか?


クリックお願いします!
  続きを読む


Posted by セボネブログ at 10:18Comments(0)トレーニング理論

2007年12月07日

あなたの脂肪の重さは?

リバウンドせずに、ナイスバディを保つためには
「体脂肪」を減らし「除脂肪体重」を減らさない事です。
これは前回の配信「減らしたい体重と減らしたくない体重~除脂肪体重」で書きました。

除脂肪体重や脂肪の重さは誰でも簡単に計算できますので
以下の例をご自分に当てはめて計算してみましょう!


まずは1クリック
お願いします!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 21:21Comments(0)トレーニング理論

2007年11月26日

減らしたい体重と減らしたくない体重~除脂肪体重

体重が減るとイコール「体脂肪」が減ったような
気分になりますが、そうとは限りません。


体重の中でもボディラインを崩す原因となるのは
「体脂肪」で、やせる時にはこれを落としたいはずですよね?

一方体重の中には、
綺麗なボディラインを形作る元になる部分もあります。

まずはコチラへ!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 14:26Comments(0)トレーニング理論

2007年11月11日

隣の人が気になりませんか?~個別性の原則

ダイエットグッズは、食品やサプリメントから
運動器具、下着にいたるまでさまざまですね。
一時の流行で終わるものもあれば
そのまま市民権を得て定番アイテムに
なってゆくものもあります。

一体何が一番よいのか?

流行しているとついつい乗せられてしまうものですが
万人に共通の、万能プログラムはあるでしょうか?


続きの前に
コチラをどうぞ!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 10:51Comments(0)トレーニング理論

2007年11月06日

3日坊主でなぜ悪い?~反復性(継続性)の原則

「からだにトレーニング効果が現れるには、運動を繰り返し、
規則的に、しかも長期間行わなければならない。」


これは「反復性(継続性)の原則」と呼ばれるものです。

例えば有酸素運動は、やせるためには有効ですが、
一度に消費できるエネルギーはそんなに多くないため、
コツコツと積み重ねてゆかねばなりません。

筋力トレーニングは基礎代謝が上がってゆくといわれていますが、
刺激と休息を繰り返して少しずつ強くなってゆき、
明らかに効果を感じるまでには3ヶ月ほどかかると言われています。

運動は一度行うだけで変わる部分は意外に少なく
むしろ何度も反復を重ねる事でやっと反応する事が多いものです。


かのビリーズブートキャンプも・・・

今日もあたたかい
1クリックお願いします。



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:53Comments(0)トレーニング理論

2007年10月31日

3日坊主を克服する方法~漸進性の原則

スポーツの秋ですね!

はりきって運動を始めよう!
と新品の器具やウェアをそろえて開始するけれど
筋肉痛に見舞われたり、膝や腰を痛めてしまったり、、、
などなど諸事情が重なり、3日で終了・・・
というのは、よくある話です。

そんな人は今日ご紹介する

「漸進性の原則」

を参考に、ぜひ再チャレンジしてみましょう。

ベスト50イン目前!
1日1クリックお願いします。

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 20:47Comments(0)トレーニング理論

2007年10月26日

その運動は、何のためにやりますか?~意識性の原則

よく「歩くのは健康にいい」と言われます。

でも「健康」と言ってもいろいろですよね。
歩く事で筋力や柔軟性がアップするでしょうか?
「健康」のどんな面に対して効果があるのか
意識して行うと、効果がさらにアップします。

そこで今日は「意識性(自覚性)の原則」をご紹介します。


皆様の1クリック
感謝しております!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 15:16Comments(0)トレーニング理論

2007年10月21日

やせるには***をせよ!~全面性の原則

「1日5分!***だけでやせる!」

「たったこれだけ!驚きの効果が!」


こんな広告をよく見ます。

体重、という数字だけ落ちればそれで満足!
という人はぜひ実践するべきだと思います。
きっとなんらかの効果はあるのでしょうから。

しかし、うまい話には裏があるのが世の常・・・。

ランキング上昇中!
いつもクリックありがとうございます!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:26Comments(0)トレーニング理論

2007年10月17日

可逆性の原理~トレーニング効果はどれくらい続く?

たまに言われる事があります。

「トレーニングしても、やめちゃうとすぐ元に戻るんでしょ?」

半分はその通りです。
しかし「すぐ」という点に関しては、場合によると言えます。

トレーニングの効果はどれくらい続くのか?

「可逆性 reversivility の原理」 を見てみましょう。

続きの前に
ランキングを見てください!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 22:19Comments(0)トレーニング理論

2007年10月13日

特異性の原理~万人に効果的な運動は?

トレーニングの目的は人それぞれ。

お腹をひっこめたい・・・ ゴルフで飛距離を伸ばしたい・・・
スイスイ歩けるようになりたい・・・ 腰痛・膝痛を緩和したい・・・

そんな時にどんなトレーニングを、どんな風に行うといいのか
その根拠となるのが「特異性specificityの原理」です。

「トレーニングに用いた運動の種類によって
その効果はからだに特異性に現れてくる」


という事から、例えば「お腹をひっこめる」時に
何をすればよいのか考えてみましょう。


今日も1クリック
お願いします!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 00:27Comments(0)トレーニング理論

2007年10月10日

オーバーロード(過負荷)の原理

よく「・・・って効果あるの?」とか
「一番・・・にいい方法は何?」などと
聞かれる事があります。

トレーニングには、基本となる考え方がいくつかあります。
その最も基本となるのが

オーバーロード(過負荷)の原理」。

これを覚えておけば、はたしてこの方法は効果があるのか?
と迷った時も、判断ができるようになります。

どんな内容なのか、以下に解説してゆきましょう。


1日1クリック
ご協力お願いします!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:30Comments(1)トレーニング理論

2007年10月04日

ウエストをダウンさせる方法~下腹編

「これ以上体脂肪率は落とさなくてもいいのだけれど、
この下腹ぽっこりだけが気になる。どうにかしたい」


と聞かれる事があります。

なぜか下腹にお肉がつきやすいという方は、確かにいるようです。
そんな時、簡単に体のラインを変える方法があります。

まずは下腹に注目して、下の2枚の写真を見比べてください。


流行の引き締め方法をチェック!
  続きを読む


Posted by セボネブログ at 08:42Comments(0)トレーニング理論