さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年04月09日

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)



イスから立ち上がる時・階段を上る時など、膝を伸ばす動作で使う筋肉です。
また脚を引き上げる動作(股関節の屈曲)では、腸腰筋に続いて力を発揮します。

この筋肉をトレーニングするには: スクワットレッグランジなど。

まずはコチラを
ご覧ください



図を良く見ると、赤い線が4本あります。
「4頭筋」というだけあって脚のつけ根の部分で4つに分かれている事を表しています。
ちなみに図は右脚を正面から見たところです。

1:大腿直筋(だいたいちょくきん)

起始部:下前腸骨棘、寛骨臼の上縁
座った状態から片脚を持ち上げると、つけ根がかたくなると思います。
その辺りが下前腸骨棘につく直頭という部分。
そこの少し横に移動した辺りが寛骨臼の上縁で、反転頭が付着します。
ちなみに寛骨臼とは、骨盤がすっぽりはまる丸い窪みです。

ここが骨盤と大腿骨(太腿の骨)をつないでいるため、
脚を引き上げる動作(股関節の屈曲)に関わります。

2:中間広筋(ちゅうかんこうきん)

起始部:大腿骨の前面と外側面
大腿骨は太腿の骨です。

3:内側広筋(ないそくこうきん)

起始部:大腿骨の粗線の内側唇
平たく言うと、大腿骨の内側です。

4:外側広筋(がいそくこうきん)

起始部:大転子の外側面、転子間線、臀筋粗面および粗面の外側唇
大腿骨の外側です。

これら4つの筋は合して1本の共通の腱をつくり、膝蓋骨に停止する。
膝蓋骨は膝のお皿で、ここから膝蓋靱帯として脛骨粗面(すねの骨の上部)
まで続きます。

(参照 『分冊 解剖学アトラス1』文光堂)

参考になったらクリックお願いします! → ランキングUP!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
おすすめ

健康全般の情報を知りたい場合はブログ「QOL向上委員会」へ
http://blog.livedoor.jp/quality_of_life/

やせる方法をもっと具体的に知りたい場合はメルマガ「やせる秘密」へ
http://www.mag2.com/m/0000198134.html


  

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(解剖図)の記事画像
仙骨の目印
骨盤とは
骨
ヒップアップに効果的! ~中殿筋
背骨の形とお肉のつき方
ふりそで・・・もとい!二の腕を知ろう ~上腕三頭筋
同じカテゴリー(解剖図)の記事
 仙骨の目印 (2014-07-06 22:08)
 骨盤とは (2012-05-24 13:08)
  (2009-12-09 11:11)
 ヒップアップに効果的! ~中殿筋 (2008-09-29 10:00)
 背骨の形とお肉のつき方 (2008-08-22 07:25)
 ふりそで・・・もとい!二の腕を知ろう ~上腕三頭筋 (2008-05-29 00:40)

Posted by セボネブログ at 13:08│Comments(0)解剖図
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
    コメント(0)