さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年12月30日

脂肪を燃焼してくれる筋肉 ~遅筋(ST)線維:part1

やせるために脂肪燃焼!という訳ですが、
脂肪は一体どこで使われているのか、ご存知でしょうか?

体脂肪は体を動かすエネルギー源となります。
「体を動かす」という事は、筋肉が動いていなくてはなりません。

そうです。脂肪は筋肉で使われるのです!

そして意外に知られていませんが、
体脂肪はこんな時に燃焼されているのです!

久々の更新お待たせしました。
クリックもお願いします。




脂肪燃焼!というと、走る・水泳・エアロビクスなど、いわゆる
「有酸素運動」を思い浮かべると思います。

これくらいの運動なら、ずーっと続けられるなぁ・・・

そんな時に体脂肪が燃焼されています。

一口に筋肉と言いますが、実際は筋線維と呼ばれる
細いスジがたくさん集まってできています。

筋線維には種類があり、どんな動きをするかによって
使われる筋線維の種類が変わります。

体脂肪を燃焼する時、ずーっと続けられるような運動をする時

この時には 「遅筋(ST)線維」 または 「Ⅰ型線維」 
と呼ばれる筋線維が活躍します。

Ⅰ型線維は、周囲に毛細血管が発達しているために
酸素を取り込みやすく、脂質や糖質を「燃焼」してくれます。

脂質や糖質の「燃焼」は筋肉中の
「ミトコンドリア」と呼ばれる器官で行われます。

そしてここに酸素を送り込んでくれるのが、
「ミオグロビン」
と呼ばれるたんぱく質です。

毛細血管が発達して「ミトコンドリア」や「ミオグロビン」に富み、
酸素をすぐに取り込める事、
糖質や脂質といったエネルギー溜め込んでいる事、
その結果、

・疲れにくい
・長い時間運動を続けられる


それがⅠ型線維の特徴です。

素晴らしい!
なんて都合の良い筋肉なのだ!

と思うかもしれませんが、欠点もあります。

とりあえず今日のところは、
長い時間運動を続けると、
(長い時間続けられるくらいの運動をすると)
Ⅰ型線維が脂肪を使ってくれる

と覚えておきましょう。

気になる欠点はpart2にて!

メルマガ「やせる秘密」を読むと、ブログがもっとおもしろい!
登録は無料です。ぜひ↓コチラからどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0000198134.html




1日1回、応援お願いします!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
おすすめ

健康全般の情報を知りたい場合はブログ「QOL向上委員会」へ
http://blog.livedoor.jp/quality_of_life/


いろいろなタイプの解剖学の本がありますね
    

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(筋力トレーニング)の記事画像
自分レシピ
一瞬で筋トレ好きになる3ステップ
どのくらい続ければ腰痛を克服できますか?
オリンピック選手と腰痛
肩がモリモリしてくる? ~綺麗なボディラインの秘密
ヒップアップに効果的! ~レッグアブダクション
同じカテゴリー(筋力トレーニング)の記事
 自分レシピ (2018-03-24 22:27)
 一瞬で筋トレ好きになる3ステップ (2018-03-03 23:01)
 どのくらい続ければ腰痛を克服できますか? (2016-09-08 20:16)
 オリンピック選手と腰痛 (2016-08-08 22:11)
 肩がモリモリしてくる? ~綺麗なボディラインの秘密 (2009-03-15 22:26)
 ヒップアップに効果的! ~レッグアブダクション (2008-10-31 17:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
脂肪を燃焼してくれる筋肉 ~遅筋(ST)線維:part1
    コメント(0)