さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年03月20日

ハムストリングス


(右脚を後ろ側から見たところ)

太ももの後ろ側の筋肉には

・大腿二頭筋(赤のライン)
・半腱様筋(青のライン)
・半膜様筋(緑のライン)


の3つがあります。
これらの筋肉の停止腱を総称して
「ハムストリングス」と呼びますが
こちらの方がもしかすると一般的かもしれません。

まずはコチラを
ご覧ください



働き:

膝を曲げる
のが一番大きな働きですが
太もも(脚)を後ろに送り出す
という働きもあります。

昔、体力測定で「背筋力」を測定したのを覚えているでしょうか?
背筋を伸ばして少しお辞儀をした状態で、鎖についたハンドルを持ち
上に引っぱり上げる力を測定するものです。

この時のように
前に倒れた上半身・骨盤を起こす
のも働きの一つです。

こうした動きは、歩く時や走る時の推進力を生み出す
ために、アスリートは特に発達しています。

逆にこうしたパフォーマンスを向上するためには
トレーニングを欠かせない部分という事になります。


体の中では大きな筋肉ですので、
基礎代謝を上げる時には、
ぜひトレーニングをしておきたい部分です。

また骨盤の形を調整して姿勢を整える働きもあります。
腰が反り気味の人は、ここを鍛える事で改善が期待できます。

膝を曲げている時には、下腿(膝から下)をねじる働きもあります。
大腿二頭筋が外側にねじる働き(外旋)
半腱様筋・半膜様筋が内側にねじる働き(内旋)

を担っています。

この筋肉をトレーニングするには:

デッドリフト、ヒップリフト、レッグランジなど

起始部:

坐骨結節(イスに座るとあたる骨)
ただし、大腿二頭筋の短頭は大腿骨

停止部:

膝を曲げると、膝の裏側にくぼみができるのがわかるでしょうか?
そのくぼみの両側にあるスジがハムストリングスです。

外側が大腿二等筋で
内側のスジには半腱様筋・半膜様筋が含まれています。

マニアックな人のために正確に書きますと、

大腿二頭筋は、腓骨頭。
半腱様筋は、脛骨の内側面。
半膜様筋は、
・脛骨の内側顆
・膝窩筋の筋膜
・斜膝窩靱帯
と3つに分かれます。


(参照 『分冊 解剖学アトラス1』文光堂)

*上図の右では、緑のラインが青のラインの上になっていますが、
 実際は逆で、半腱様筋が半膜様筋の上になっています。
 失礼しました。




メルマガ「やせる秘密」を読むと、ブログがもっとおもしろい!
登録は無料です。ぜひ↓コチラからどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0000198134.html


ご希望であれば、すぐに解除もできます。
お気軽にご登録ください。



1日1回、応援お願いします!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
おすすめ

健康全般の情報を知りたい場合はブログ「QOL向上委員会」へ
http://blog.livedoor.jp/quality_of_life/


   

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(解剖図)の記事画像
仙骨の目印
骨盤とは
骨
ヒップアップに効果的! ~中殿筋
背骨の形とお肉のつき方
ふりそで・・・もとい!二の腕を知ろう ~上腕三頭筋
同じカテゴリー(解剖図)の記事
 仙骨の目印 (2014-07-06 22:08)
 骨盤とは (2012-05-24 13:08)
  (2009-12-09 11:11)
 ヒップアップに効果的! ~中殿筋 (2008-09-29 10:00)
 背骨の形とお肉のつき方 (2008-08-22 07:25)
 ふりそで・・・もとい!二の腕を知ろう ~上腕三頭筋 (2008-05-29 00:40)

Posted by セボネブログ at 16:17│Comments(2)解剖図
この記事へのコメント
はじめまして。
春になって感じですね。またきますね。

気が向いたらこちらもみてくださいね。
キャベツダイエットについて語ってみました。
Posted by プチ ダイエット情報館 at 2008年04月03日 08:20
こんにちは、すばらしいブログですね。

僕もダイエットブログ始めました。
ブログランキングに参加していますが、
ぜんぜん駄目です。


又、勉強にきます。

ポチッ!

応援クリックしました。
Posted by 分裂勘違い的ダイエット 吉岡 at 2008年04月10日 12:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ハムストリングス
    コメント(2)