さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年09月11日

やせやすい筋力トレーニングとは? ~多関節運動

どうすれば、最も効率よくやせられるのか?
に関して100くらいの記事を書き続けているわけですが
一つの答えとして、ブログの一番初めの記事があります。

「1: 使うエネルギー量 > 口に入れるエネルギー量」

これが、基本中の基本。

筋トレの種目で、より使うエネルギー量を増やそうと考えると
やせやすいのは「多関節運動の種目」という事になります。

「多関節運動」とは何ぞや?

と思った方は続きを見てください。

「単関節運動」一度に一つの関節の動きになっている種目ですが、
「多関節運動」一度に複数の関節が働く種目です。

例えば「スクワット」
かがんだ時に膝と股関節が曲がっていますが、
立ち上がった時にはどちらも伸びています。

つまりこの動きでは、膝に関わる大腿四頭筋
股関節に関わる大殿筋ハムストリングス
などを同時に鍛える事ができるのです。

「腕立て伏せ」については
筋肉を意識する方法 ~意識しやすい種目とは?
に書きましたのでそちらを見ていただきたいですが、
これも大胸筋・三角筋・上腕三頭筋を同時に使う多関節運動です。

いくつかの筋肉を同時に使うだけあって、
重めの重量が扱える種目も多く、
それだけ消費エネルギー量も多くなります。

つまり、やせやすい種目とも言えますね♪

今まで紹介した中では、
ワンハンドロウイングランジ などは
代表的な多関節運動の種目です。

しかしこれでは、前回の「単関節運動」の種目はだめじゃないか!
とお思いになった方もいるかもしれません。

これらをどのように使っていくと上手に体作りができるのか、
詳しくは今週末配信の「やせる秘密」をご覧下さい。


ご登録はこちらから!
http://www015.upp.so-net.ne.jp/today/#mailmag


参考になったら、クリックお願いします!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
おすすめ

健康全般の情報を知りたい場合はブログ「QOL向上委員会」へ
http://blog.livedoor.jp/quality_of_life/


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(トレーニング理論)の記事画像
どのくらい続ければ腰痛を克服できますか?
心拍数 3:測定の仕方
心拍数 2:脂肪燃焼に最適な心拍数
心拍数
行動変容・4 〜目標を立てた時点で、結果は決まる!
やせるスピードとは?~自覚的運動強度(RPE)
同じカテゴリー(トレーニング理論)の記事
 どのくらい続ければ腰痛を克服できますか? (2016-09-08 20:16)
 心拍数 3:測定の仕方 (2015-07-30 09:50)
 心拍数 2:脂肪燃焼に最適な心拍数 (2015-07-25 06:19)
 心拍数 (2015-07-09 17:35)
 行動変容・4 〜目標を立てた時点で、結果は決まる! (2015-05-13 22:06)
 やせるスピードとは?~自覚的運動強度(RPE) (2011-06-10 00:15)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
やせやすい筋力トレーニングとは? ~多関節運動
    コメント(0)