さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年09月29日

ウエストをダウンさせる方法

お腹をへこませたい、体を引き締めたいという時に
最も確実で効率のよい方法は何でしょう?

ヨガ?ピラティス?腹筋運動?ジョーバ?

お腹についている邪魔者は脂肪です。
ならばその脂肪を落とす事が、最も確実な方法と言えます。

ちなみにウエスト1cmは、
体脂肪1kgに相当すると言われています。


なので減らしたいウエスト分だけ、体脂肪を落とせばよいのです。
体脂肪1kgは、7000kcal消費する事で落ちます。

「日常生活でやせる」に消費エネルギーの
計算の仕方を書きました。

例えば1日100kcal消費できる運動を始めて
さらに食べるものを1日100kcalを減らすとしたら、

7000kcal/200kcal=35

で体脂肪-1kg、ウエスト-1cmは約1ヵ月後に達成できます。
運動か食事のどちらか一方でも2ヶ月で達成できます。



このように数字ではっきりと、いつどれくらい落ちるという予測が立つと
やる気も持続するのでは、と思います。

流行の引き締め方法をチェック!

  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:29Comments(0)トレーニング理論

2007年09月21日

これは何kcal?と思ったら

最近はいろいろな食品に栄養成分表示が詳しく出ています。

「エネルギー ***kcal」 とか出ているやつですね。

やせるブログの読者の方なら、
しっかりとチェックしている事だろうと思います。

「食べてやせる方法とは?」で書きましたが
やせる味方になってくれるものに、たんぱく質があります。

同じ100kcalの食べ物だとしても、
そのうちたんぱく質が何kcalあるのかによって
食事誘発性体熱産生が変わってきます。

これを知る方法は、簡単です。
アトウォーターという人が100年以上前に研究した
係数を覚えておけばいいのです。

みんな何を食べて
やせているのでしょう?




  続きを読む


Posted by セボネブログ at 22:12Comments(0)栄養・サプリメント

2007年09月16日

筋力をアップさせる方法 ~ルーの三原則

「基礎代謝量を高めるには?」で少しふれましたが

使いすぎても、使わな過ぎても、筋肉は落ちてしまいます。

これはルーの三原則と言われいます。


運動をしないと衰える(廃用性筋萎縮)

運動をし過ぎると衰える(疲労性筋萎縮)


適度に運動をすると強くなる


一見ごく普通の事だろ?と思ってしまいます(笑)。


しかし実際「適度に」体を使えているかと言えば

自信を持ってそう言いきれない事が多いのではないでしょうか?


他にはどんなトレーニングが
あるのでしょう?




  続きを読む


Posted by セボネブログ at 22:06Comments(0)トレーニング理論

2007年09月11日

基礎代謝量を高めるには?

消費エネルギー量を上げるには?のシリーズ最後です。

基礎代謝量 basal metabolic rate (BMR)

私の手持ちの教科書によると以下の記述があります。

「脳、心臓、肺、肝臓や消化器官、
ホルモンの分泌、消化器官の蠕動運動
骨格筋のトーンを維持するために
生理的に必要な最小限のエネルギー消費量


ここで最後の2行に注目してください。
「骨格筋のトーンを維持するために」とあります。

これは、エネルギーを補給しないと
筋肉を維持できないという事です。

つまり筋肉が多い人は、
その分たくさんエネルギーを消費できるのです。


アスリートに限らず、筋肉を維持するには
食べなくてはいけないのです。

やせようと食事を減らすと、筋肉が落ちる。
筋肉が落ちると、基礎代謝量が減る。
基礎代謝量が減ると、太りやすくなる。

ここに、やせる難しさがありますね。

流行のダイエットは?
ここでチェック!




  続きを読む


Posted by セボネブログ at 23:45Comments(0)医学・医療

2007年09月07日

食べてやせる方法とは?

食事誘発性体熱産生 Diet Induced Thermogenesis (DIT)


消費エネルギー量を上げるには?
にも書きましたが、運動以外でも以下のようにエネルギーを消費しています。

約60%:基礎代謝量
約30%:運動以外の身体活動
約10%:食事誘発性体熱産生


1日2000kcal消費する人だと、
食事をするだけでも200kcalのエネルギーを消費します。

食事を消化・吸収するためにエネルギーが必要なのですが、
ダイエットの際に食事量が減ると、当然このDITも減ってしまいます。

また、食べる内容によっても必要なエネルギーは違います。

具体的には・・・

最新ダイエットをチェック!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 07:20Comments(4)医学・医療

2007年09月04日

運動をしなくてもやせる

運動以外の身体活動


消費エネルギー量を上げるには?
に書きましたが、運動を特にしていなくてもエネルギーを消費しています。

約60%:基礎代謝量
約30%:運動以外の身体活動
約10%:食事誘発性体熱産生

「運動以外の身体活動」が30%あります。

座るだけでも少しは筋力を使いますし、顔を洗う、歯を磨く、
仕事をする、何かを考える、など全ての活動でエネルギーを使っています。

そしてここに、新たに運動をしよう!と始めた人が、陥りがちな罠があります。

最新ダイエットをチェック!



  続きを読む


Posted by セボネブログ at 11:00Comments(0)医学・医療

2007年09月02日

消費エネルギー量を上げるには?

「やせる基本 1」に書きましたが
やせる方法は数多くあれど、全ては

「使うエネルギー量 > 口に入れるエネルギー量」

という状態をどのように作ろうか、という方法が数多くあるという訳です。

しかし

「どんなに食べても太らない」
「運動は一切必要ありません」


という売り文句のダイエット方法やダイエット器具が確かにあります。


最新ダイエットをチェック!


  続きを読む


Posted by セボネブログ at 12:56Comments(0)医学・医療